名前が長い!お抹茶チーズケーキ ファミマスイーツ

季節のコンビニスイーツ

ファミマスイーツの『お抹茶チーズケーキ』。

実はこれ、

Advertisements

『はじめは濃厚チーズなのに だんだん香り豊かな宇治抹茶ひろがる お抹茶チーズケーキ』

という名前なんですよ。

長いっ!!

でも、これを読んだだけで、チーズケーキと抹茶の味わいが口の中で広がって、脳がすっかりお抹茶チーズケーキに洗脳されてしまいました。

ネーミングの勝利?!

名前を見て思わず買ってしまったファミマスイーツの『はじめは濃厚チーズなのに だんだん香り豊かな宇治抹茶ひろがる お抹茶チーズケーキ』
をご紹介します。

Advertisements

お抹茶チーズケーキの商品情報

『はじめは濃厚チーズなのに だんだん香り豊かな宇治抹茶ひろがる お抹茶チーズケーキ』、略して『お抹茶チーズケーキ』。

これは、ファミリーマートオリジナルスイーツ“新感覚チーズケーキ”の新作です。

まずは気になるカロリーと原材料はこちら。

お抹茶チーズケーキのカロリーと原材料

カロリーは、1個当たり192kcalとなっています。

200kcalを切っているので、スイーツの中では低カロリーですよね。

『抹茶チーズケーキ』はファミリーマートの公式サイトではこのように紹介されています。

宇治抹茶を使用したなめらかなベイクド抹茶チーズケーキと、
レアチーズムースの2層仕立てのチーズケーキに、
濃厚なチーズソースを絞り表面をふんわりと抹茶スポンジクラムで覆いました。

ファミリーマート公式サイト

パッケージを開けると、崩れないように紙の容器に入っています。

お抹茶のチーズケーキパッケージをあけたところ

濃い緑が目に飛び込んできます。

切った側面が見たいと思って、お皿に取り出してみましたが、かなり柔らかいです。

スプーンですくって食べることを想定されているのかなと思いました。

断面は、こちら。

お抹茶チーズケーキを切ったところ

ちゃんと3層になっています。

白と緑のコントラストが美しい。

ちなみに、一番下のベイクドチーズケーキには京都府産宇治抹茶とデンマーク産クリームチーズをブレンド。

その上のレアチーズケーキには、北海道産マスカルポーネを使用。

かなり贅沢な作りになっています。

また、今回のこの商品は、パッケージにもこだわったとのこと。

お抹茶チーズケージのパッケージ

パッケージは、中が見えないタイプ。

抹茶をイメージした緑色が印象的です。

和装の女性が金色の線描写で描かれているのですが、金色なので目立たず、それゆえに上品さが引き立つパッケージになっています。

 

またさりげなく書かれている『チーズは抹茶にも愛された』この言葉が秀逸。

お抹茶チーズケーキのチーズは抹茶にも愛されたという言葉

個性的なチーズが、これまた個性的な抹茶にどのように愛されたのか、気になります。

それを知るためにも、早速いただいてみることにします。

『お抹茶チーズケーキ』実食レビュー

お抹茶チーズケーキをフォークですくったところ

3層を一度に口にいれると、最初に口の中に広がるのがチーズケーキの味

ほんのり酸味のきいた濃厚な味わい。

その後、しばらくして鼻の奥から抹茶の香りが広がってきます。

まさにネーミング通り!

ただ、3層を一緒に食べると、上のスポンジクラムの存在があまり感じられなかったので、スポンジクラムだけで食べてみました。

抹茶のスポンジクラムは、甘さ控えめで抹茶の味もそこまで強くないです。

クラムが細かいので、ふんわりした食感。

なるほど、レアチーズケーキとベイクドチーズケーキの重みを優しくカバーしてくれる存在なんですね。

2層目のレアチーズケーキは、水分が多めの溶けるような食感で、3層目のベイクドチーズケーキは、レアチーズケーキに比べると固めになっています。

今回の『お抹茶チーズケーキ』は食感の違いを楽しむというよりは、味わいの変化が楽しめるスイーツだと思いました。

最初にくる濃厚なチーズの味わいがまだ口に残る中、芳醇な抹茶の香りが全体にひろがってきますが、決して反発しあっているわけではないんです。

ほどよく溶け合っていく感じ。

チーズと抹茶は相性抜群、相思相愛でしたね。

まとめ

ファミマスイーツの『はじめは濃厚チーズなのに だんだん香り豊かな宇治抹茶ひろがる お抹茶チーズケーキ』についてご紹介しました。

最初は宇治抹茶はどこ?と思うくらいチーズの濃厚さが口に広がるのですが、
その後の抹茶の巻き返しがすごい。

じわじわっと、抹茶が包み込んでいく感じでしょうか。

包容力のある抹茶といった感じです。

抹茶に愛されたチーズを味わいたいなら、是非一度お試しください。

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました