針供養とは?いつ行われるの?なぜこんにゃくに針を刺すの?

2月

日本には、モノを大切にし感謝する気持ちから、伝統的に行われている行事がたくさんあります。

針供養もそのひとつです。

昔に比べると裁縫をする人は減っていますが、服飾関係や和裁、洋裁関係の教育機関では今でも針供養の日は大切な日として行事が行われています。

Advertisements

針供養とは?いつ行われるの?

針供養は折れた針や使い古した針を供養して、裁縫の上達を願う行事です。

折れたり、曲がったり、錆びたりしてしまった古い針を、こんにゃくや豆腐のようなやわらかいものに刺して神社に納めます。

役目を終えた針に対する労いと感謝の気持ちをあらわすとともに、れらをむやみに捨てないで、供養をするという道具供養の一つです。

昔は、使い古した道具などに神霊が宿ると考えられておったのじゃ。

針供養を行う時期は、関東では2月8日に行われること多いのに対し、関西では12月8日に行われることが多いようです。

昔から2月8日と12月8日は両日をあわせて「事八日(ことようか)」と呼ばれています。

この日はつつしみをもって過ごす日とされていて、農作業だけでなく針仕事も休むものとされていました。

そのお休みの日を機会に、使えなくなった針を供養するというわけです。

女性にとって、裁縫は重要な仕事の一つだったんじゃな。

私もお裁縫することはめったにないんですが、せめて針供養の日には裁縫道具をきれいに整えたいなと思っています。

子どもにも、ものを大切にする気持ちを伝えるていけたらなと思うので、子どもと一緒に針を持つ機会にしたいものです。

針供養の由来は?

Advertisements


針供養は中国から伝わった風習と日本の古くからの民間風習とが合わさり、独自の風習となったもののひとつといわれています。

起源は定かではないものの、平安時代にはすでに針供養の風習があったと考えられています。

その後、江戸時代に針の労をねぎらい裁縫上達を願うまつりとして広がるとともに、女性を守る神様が祀られている淡島神社の行事が混ざって、淡嶋神社(粟島神社)や淡島堂を中心に、各地の社寺で針供養が行われるようになりました。

また、東北地方の一部では、姑に針山の針を盗んだと無実の罪を着せられ海に身を投げた嫁を供養するという伝説もあります。

なぜこんにゃくや豆腐に針を刺すの?

針供養に使われるのはこんにゃくだけではなく、豆腐やお餅に針を刺すところもあります。

どれもやわらかいものですよね。

これは、いつも堅い布ばかり刺して使っていた針に対し、最後はやわらかいところで休んでいただくという気持ちをあらわしています。

また、これらはお供え物としての意味もあったようです。

針を刺したあとのこんにゃくや豆腐は、昔は土に埋めたり、川や海に流して供養するということもあったようですが、現在では、供養をした後は自治体ごとに決められた方法で処分するようですね。

昔は寺や神社で供養するだけでなく、自宅で供養することも多かったようじゃな。

まとめ

昔、女性にとって針仕事はとても大切な仕事だったんですね。

私の母も「お針仕事をしていると落ち着くわ。」というくらい、針仕事に慣れ親しんでいる様子です。

万物に神が宿るという考えがある日本において、毎日のように使う道具の針に神が宿ると考えるのはとても自然なことのように感じます。

現在では、針供養のために奉納される針も年々減ってきているようですが、針に限らず、わたしたちの身の回りにあるいろいろな物を大切にする気持ちを持ち続けたいものですね。

Advertisements

コメント

タイトルとURLをコピーしました